とっておきの松本のお土産銘菓と名産品7選
6

全国に名を馳せる銘菓から名物郷土料理まで、松本には、歴史と文化が根づく街にふさわしいお土産が多いことで知られています。
湧き水の豊富さが生み出す名品など、松本市内で買える銘菓・名産品を特選してご紹介します。

お菓子処 藤むらの「開菓」「酒まんじゅう」「れえずんくっきい」

開菓開菓

観光客で賑わう中町に軒を構える「藤むら」は、白壁の蔵をモチーフにした建物と石畳のアプローチが目印の老舗和菓子店。地元での評判が高く、店内はいつも常連客で賑わっています。

和菓子、洋菓子いずれも定評があり、品数も豊富で選ぶのに迷うほどです。初めて買う方には「開菓」がおすすめ。胡桃や杏、松本産のえごまの実を混ぜ込んだ白餡をやわらかいクッキー生地で包み込んだ焼き菓子。「松本スイーツコンテスト2017」の「おみやげ部門」でグランプリを受賞しています。

酒まんじゅう

酒まんじゅう酒まんじゅう

また、お酒の香りと上質なこし餡との相性の良さが秀逸な名物の「酒まんじゅう」や季節の限定和菓子が店頭に並びます。人気が高い「れえずんくっきい」は、2代目当主が得意とする洋菓子で、ラム酒が香るレーズンとあっさりとしたバタークリームの調和が絶妙です。
店内には購入したお菓子をその場でいただけるイートインスペースもあり、観光スポットが点在するエリアでの、一休みにもおすすめです。

開菓:1,590円(税込)
※消費期限:30日

酒まんじゅう(10個入):970円(税込)
※消費期限:夏季4日、冬季5日

れえずんくっきい(8個入):1,280円(税込)
※消費期限:10日間

店舗情報

藤むらカード

お菓子処 藤むら
  • URL:http://wagashi-fujimura.com/
  • 住所:長野県松本市中央2丁目9−19
  • アクセス:松本駅から徒歩6分ほど
  • TEL:0263-32-1421
  • 営業時間:9:00~18:00
  • 定休日:水曜日
  • 駐車場:無料(1台)

飯田屋製菓のあめせんべい

あめせんべいあめせんべい

松本地方は飴つくりが盛んで、明治期には飴の生産量が国内一という記録が残っているほど。
毎年1月には飴の博覧会・即売会などとあわせて時代行列なども実施される「あめ市」が開催されています。
「飯田屋製菓」は、市内に数軒ある老舗飴屋の一つで、創業は1796年(寛政8年)。
以来、厳選された材料のみを使い、熟練の職人による卓越した技術とで、昔と変わらない味を守り続け、地元の人はもちろん、この街を訪れる多くの人たちのあいだで親しまれています。

この「飯田屋製菓」の看板商品ともいえるのが「あめせんべい」。
粒子の細かい粉末砂糖を薄く板状にした、サクッとした食感がおせんべいのような不思議な飴です。
口に入れるとスッと溶け、上品な味わいで、職人の心意気と魂がこもった逸品。
風味豊かな沖縄県産の黒糖を使った「あめせんべい」のほか、「塩」「和三盆」「珈琲」などの違う味わいも揃っています。
糖分は少なめなのにしっかり満足感がある味わい豊かな商品です。

飯田屋製菓

江戸時代から続く老舗ですが、大きなガラス張りのモダンな外観が特徴で気軽に入れます。
松本城からほど近い場所にあるので市内観光のついでに気軽に立ち寄ることができます。

あめせんべい:432円(税込)
※賞味期限:180日

店舗情報

飯田屋製菓
  • URL:http://www.iidaya.com/
  • 住所:長野県松本市大手2-4-2
  • アクセス:松本ICから車でおよそ10分。公共交通機関なら、JR・アルピコ交通の「松本駅」を下車して徒歩10分ほど。
  • TEL:0263-32-1983
  • 営業時間:9:00~18:00
  • 定休日:なし
  • 駐車場:なし

てまりやのバウムクーヘン

てまりや店内

厳選した素材を使って作る「バウムクーヘン」の専門店です。
お店があるのは松本城からほど近い市の中心部、白と黒の土蔵造りの家屋が立ち並ぶ中町通り。
近くに行くと甘い香りがただよってきます。
「信州の豊かな恵みをお福分け」したいと、素材は長野県産の米粉や玄米粉を使っています。

てまりん正面箱ありてまりん

厳選された長野県産の素材を生かして、店内奥の工房にある専門オーブンで職人が丁寧に手焼きで仕上げています。
信州や松本らしさを表現した商品の中でとくに注文が多いのが、ころんとした愛らしいフォルムに小布施栗の甘露煮となめらかな栗餡をたっぷり詰め込んだ「てまりん」。
松本の伝統手工芸品である「松本てまり」をモチーフにした、可愛い和テイストのバウムクーヘンです。

歯ごたえと香ばしさが自慢のあるぷす

あるぷすカットあるぷす(カット)

歯ごたえや玄米特有の香ばしさが楽しめる「あるぷす」は、その名の通りアルプス山脈のようなフォルム。
円筒型の「みのり」は、安曇野産のコシヒカリを使用した米粉ならではの、ふんわり、しっとりした食感が持ち味。
熟練の職人が、その日の気温や湿度なども考えながら、一層ずつ丁寧に焼き上げていくバウムクーヘンは味わい深いものです。

てまりん:大2,500円・ミニ1,000円(いずれも税込)
※賞味期限は約10日

あるぷす:ホール:1,800円・カット:800円(いずれも税込)
※賞味期限:未開封で約3週間

みのり:ホール:2,000円・カット:800円(いずれも税込)
※賞味期限:約2週間

店舗情報

てまりや
  • URL:http://www.temariya.jp/
  • 住所:長野県松本市中央2-4
  • アクセス:松本ICから車でおよそ13分。公共交通機関なら、JR・アルピコ交通の「松本駅」を下車して徒歩10分ほど。
  • TEL:0263-39-5858
  • 営業時間:10:00~18:00
  • 定休日:なし
  • 駐車場:なし

マサムラの「天守石垣サブレ」

マサムラパッケージ

松本市の中心部に本店を構える「マサムラ」は、老舗の人気洋菓子店。
創業は1966年、50年にわたって地元で愛されてきました。
創業時から使っているレトロな包装紙を見れば「マサムラ」と分かり、ファンも多いそうです。

天守石垣サブレ天守石垣サブレ

生菓子から焼き菓子まで揃う中、お土産としておすすめなのが、「天守石垣サブレ」です。
薄いサブレ生地に上品な甘さのホワイトチョコレートを挟み、さっくりとした食感とバターの風味が特徴。
細かく刻んだマカダミアナッツを生地にたっぷり練り込んであり、その食感で松本城の石垣をイメージしています。

ベビーシューも人気

もう一つの人気商品が「ベビーシュー」。
「シューアラクレーム」や「スイス風シュークリーム」など6種類あり、軽い生地に濃厚な生クリームとカスタードクリームのバランスが絶妙。
本店には喫茶スペースを併設しているので、一休みするのに最適です。
松本城近くにある上土店は、昭和のノスタルジックな店構えが印象的な、元本店だった店舗です。

天守石垣サブレ:5枚入り864円・1枚157円(いずれも税込)
※賞味期限は購入後60日間

店舗情報

マサムラ 本店
  • URL:なし
  • 住所:長野県松本市深志2-5-24
  • アクセス:松本ICから車でおよそ10分。公共交通機関なら、JR・アルピコ交通の「松本駅」を下車して徒歩7分ほど。
  • TEL:0263-33-2544
  • 営業時間:9:00~19:30
  • 定休日:火曜日不定休
  • 駐車場:あり(8台)

富成伍郎商店の手作り豆腐

富成伍郎商店

松本の奥座敷、浅間温泉からほど近くにある「富成伍郎商店」は、2015年に実施された第一回「日本一旨い豆腐を決める品評会」で金賞を受賞。
その後も、数々の品評会で受賞する豆腐を作っている人気店です。

富成伍郎商店とうふ左:手塩にかけた伍郎のきぬ、右:手塩にかけた伍郎のもめん

熟練の職人によって手作りする豆腐は、高糖度で知られる長野県産大豆の希少品種「ナカセンナリ」を使用。
地下37mの井戸からくみ上げる伏流水で作る豆腐はクリーミーでコクがあり、きめ細かいなめらかさと甘味が特徴です。
金賞受賞の「手塩にかけた伍郎のきぬ」の他にも、「手塩にかけた伍郎のもめん」や「伍郎の笊(ZARU)」など、受賞歴のある人気商品が購入できます。

揚げたてが絶品の豆腐メンチ

メンチカツ豆腐メンチ

2年前から豆腐や豆乳を使った総菜やスイーツの販売を始め、おしゃれなショップで販売しています。
1日400個売れるという、豆腐と野菜の旨味が際立つ「豆腐メンチ」は、その場で揚げたてをいただけます。
また、豆腐と豆乳で作るドーナツ「GORONUTS」は、軽くてもっちりした食感で、冷めても美味しいと評判。
原材料の3割以上が豆乳でヘルシーな「豆乳ソフト」もおすすめです。

手塩にかけた伍郎のきぬ:194円(税込)
※消費期限は購入後6日

手塩にかけた伍郎のもめん:194円(税込)
※消費期限は購入後6日

伍郎の笊(ZARU):540円(税込)
※消費期限は購入後4日

豆腐メンチ:118円(税込)
※消費期限は購入後5日

GORONUTS:259円(税込)
※消費期限は購入後6日

豆乳ソフト:324円(税込)
※消費期限は購入後3日

店舗情報

富成伍郎商店(GORO TOMINARI)
  • URL:なし
  • 住所:長野県松本市原90−3
  • アクセス:松本ICから車でおよそ20分。公共交通機関なら、JR・アルピコ交通の「松本駅」を下車して車で18分ほど。
  • TEL:0263-87-8584
  • 営業時間:9:00~18:00
  • 定休日:日曜日
  • 駐車場:あり(5台)

御菓子司 開運堂の「真味糖」「開運老松」「白鳥の湖」

真味糖真味糖

菓子業としての創業は1884年(明治17年)。
市内の中心部に本店を構え、松本を代表する著名な菓子店で、和菓子はもちろん、洋菓子も製造販売しています。
信州ならではの独特の味わいを追求し、素材を厳選。
十勝産の特選小豆や県内産の果物など、こだわりの材料と徹底した安全管理のもとで製造される和洋菓子は、年間200種以上あります。

信州を代表するお菓子として知られる「真味糖」。
旨みや風味に優れた鬼胡桃や蜂蜜などで作られ、濃厚な甘みが特徴。
和製ヌガーとも称されています。
昭和初期に裏千家から「真味糖」と命名され、茶席菓子としての格式もあります。

お祝い事に最適な開運老松

開運老松開運老松

「真味糖」と並んで人気が高いのが「開運老松」。
つぶ餡とこし餡をニッキと組み合わせたユニークな蒸菓子で、創業80周年を記念し50年以上前に創作されたものです。
老松の幹を模し、松の実を散らした縁起のいい逸品。
お祝い事などの土産をお探しの方にもおすすめです。

白鳥の湖白鳥の湖

洋菓子でおすすめなのが「白鳥の湖」。
スペイン生まれの口どけのいいソフトクッキー「ポルポローネ」を、上品で愛らしい型押し図柄で仕上げた、女性に大人気の商品です。

JR松本駅構内など市内各所に販売店がありますが、広い店内で豊富な品ぞろえからゆっくり選べる本店でのご購入がおすすめ。
世界に一つだけというソフトクリームロボットもあって気軽に立ち寄れる店です。

真味糖(6個入): 810円(税込)
※賞味期限:25日

開運老松:1,080円(税込)
※賞味期限:25日

白鳥の湖(18枚入):1,150円(税込)
※賞味期限:35日

店舗情報

御菓子司 開運堂本店
  • URL:https://www.kaiundo.co.jp/
  • 住所:長野県松本市中央2-2-15
  • アクセス:松本ICから車でおよそ8分。公共交通機関なら、JR・アルピコ交通の「松本駅」を下車して徒歩6分ほど。
  • TEL:0263-32-0506
  • 営業時間:9:00~18:00
  • 定休日:元旦のみ
  • 駐車場:あり(2台)

水城漬物工房の絶品漬物

水城本店

松本城からほど近い場所に店を構える「水城漬物工房 東町本店」。
1902年(明治35年)に造り酒屋として創業し、わさび漬製造小売の漬物店に転業したのは戦後になってからのこと。
以来、「信州名産15選」や「農林水産大臣賞」をはじめ数々の賞を受賞するなど、信州を代表する漬物店の一つとして市内はもとより全国から支持を集めています。

水城ロゴ

最も人気が高いのは、信州の漬物の定番「野沢菜」です。
減農薬・堆肥栽培された国産の原料、山岳地帯から汲み上げた井戸水を使い、0℃の低温水・低塩水で365日間じっくりと塩漬製造。
茎から葉の部分まで調味液が浸透し、ほどよい歯ごたえと旨味を最大限に引き出しています。

パリパリとした食感の青首大根を使った「やま仙漬」は、造り酒屋当時の屋号「やま仙」を冠した看板商品の一つ。
また、安曇野穂高産のわさびを、創業時から「手切り」作業で細かくし酒粕に漬け込んだ「わさび漬」、松本付近でしか栽培されていない、硬めで小ぶりな地大根に茄子の葉や柿の皮を使って漬け込んだ「信州地大根」など、信州ならではの漬物が豊富に揃っています

信州むらおやき

水城名物のおやき モチモチ食感と具だくさんが魅力の信州むらおやき

漬物と並んで人気なのが「信州むらおやき」です。
ふくらし粉を使わずにモチモチとした食感の薄皮に具だくさんのおやきは、普通のおやきがあまり得意でないという方にもおすすめです。

野沢菜:324~540円(税込)
※賞味期限:15日

やま仙漬:432円(税込)
※賞味期限:冷蔵で30日

わさび漬:540円(税込)
※賞味期限:冷蔵で30日

信州地大根:378円(税込)
※賞味期限:30日

信州むらおやき:196円(税込)
※賞味期限:冷凍で180日

店舗情報

水城漬物工房 東町本店
  • URL:http://www.mizusiro.co.jp/
  • 住所:長野県松本市大手4-12-16
  • アクセス:松本ICから車でおよそ15分。公共交通機関なら、JR・アルピコ交通の「松本駅」を下車して徒歩15分ほど。
  • TEL:0120-324-681
  • 営業時間:9:00~18:00
  • 定休日:年末年始
  • 駐車場:あり(乗用車10台・バス2〜3台)