旅と楽しむ日光ゆば。体験からグルメまでおすすめスポットをご紹介_追加分201903
0

 

fudan(フダン)懐石 和み茶屋

彩りも美しい、女性に人気の懐石ランチ

ゆば懐石ランチ 2,700円 先付から甘味まで、作りたてを一品ずつ順に運んでくれる ゆば懐石ランチ 2,700円 先付から甘味まで、作りたてを一品ずつ順に運んでくれる

日光駅から西へ、賑やかな日光街道を歩くこと約15分、左手にレトロでおしゃれな店構えの建物が見えてきます。地元出身の夫妻が切り盛りしており、月ごとにメニューが一新される「ゆば懐石ランチ」が人気です。市内の老舗湯波屋から仕入れた引き上げ湯波や、箸で切れるほど柔らかく煮込んだ甘めな味付けの揚巻湯波は、日光を訪れたらぜひ食してみたい格別な味わい。四季に応じた彩り華やかな料理を引き立てる、益子焼や笠間焼の器づかいにも注目です。

元薬屋の趣を活かしたレトロな店内

ヴィンテージ調の家具などをうまく取り入れた、こだわりのあるインテリア ヴィンテージ調の家具などをうまく取り入れた、こだわりのあるインテリア

店内は古い薬棚が置かれるなど、元薬屋だった面影が見られます。店舗だったスペースはテーブル席、居間や台所だったスペースは座敷にリノベーションし、座敷からは小さな庭が眺められる造りに。木のテーブルや座卓はご主人の父による手作りで、空間に温もりを添えています。日光東照宮までも徒歩約10分の距離にあり、参拝前後のランチスポットとしておすすめです。

店舗情報

fudan懐石 和み茶屋

fudan懐石 和み茶屋
  • 住所:栃木県日光市上鉢石町1016  MAP
  • アクセス:JR・東武鉄道日光駅から徒歩約15分
  • 営業時間:11:30~15:30(L.O.14:30)
  • 定休日:水曜日
  • TEL:0288-54-3770
  • 駐車場:無料

さん・フィールド

味も大きさも大満足の甘く煮た湯波に、リピーター続出

ゆば御膳 1, 800円 中央上の湯波煮はこぶし程もある大きさ ゆば御膳 1, 800円 中央上の湯波煮はこぶし程もある大きさ

JR・東武鉄道日光駅から神橋方向へ徒歩15分ほどの場所に建つ白壁の店。リピーターがとても多く、行列している人々のお目当ては「ゆば御膳」。甘く煮た湯波は揚巻湯波を斜めに切った「はす湯波」と呼ばれる形で、食べ応え満点の大きさです。店主が若い頃、日光山輪王寺の「強飯式(ごうはんしき)」の手伝いで目にし、輪王寺と同じ湯波製造元で仕入れて作るようになったそうです。砂糖、みりん、醤油、塩のみで味付けしてあり、お膳に並ぶまでに4時間も調理にかかるそう。湯波本来のコクとやわらかな舌触りを堪能できます

日差しがいっぱいで明るくカジュアルな雰囲気

気軽に入れて居心地のいい店内 気軽に入れて居心地のいい店内

1982年(昭和57年)に喫茶店として開業。その名残りでドリンクメニューも豊富です。明るい店内で、ハンドドリップで淹れたコーヒーを飲めば、旅の疲れも癒されます。前出の「ゆば御膳」のデザートは、香り豊かなコーヒーにゆばをアレンジしたコーヒーゼリー。元喫茶店らしい趣向を凝らした店主のこだわりです。

店舗情報

さん フィールド<

さん・フィールド
  • URL:http://www.mes005.com/nikko-yuba.html
  • 住所:栃木県日光市下鉢石町818  MAP
  • アクセス:JR・東武鉄道日光駅から徒歩約15分
  • 営業時間:11:00~19:00(L.O.18:00 )
  • 定休日:木曜日
  • TEL:0288-53-4758
  • 駐車場:無料
※掲載の内容は、記事公開時点のものです。変更される場合がありますのでご利用の際は事前にご確認ください。