ご当地サポーター

斎藤美幸
斎藤美幸
津軽おしゃれ女子

常にご当地情報にアンテナを張っているおしゃれ女子です。インスタ映えするモノや場所を知りたい時、彼女に聞くと欲しい答えが必ず返ってきます!学んだ津軽文化をご当地魅力としてお客様のご滞在に花を添えるべく、時にはこぎん刺しの講師になり、時にはびいどろBarのバーテンダーになり、日々津軽文化と共に生きています。

界 津軽

津軽三味線の迫力に包まれる
水に浮かぶ庭園を眺め、壮大な壁画や津軽塗の調度に包まれる上質な滞在。古代檜の湯船に沈み、鮑を賞味する青森の贅沢です。

 施設紹介ページ

ご当地サポーター FAQ

青森エリアのおすすめは(場所、体験、グルメ)?

白神山地の十二湖です。十二湖は、白神山地西部に位置するブナ林に囲まれた湖沼群で、特に有名なのは、真っ青な青が特徴の「青池」ですが、青池を過ぎて1時間ほどのコースをゆくと、最後には「脇壺の池」が登場します。この池は青池よりも大きく、青からエメラルドグリーンへの神秘的なグラデーションが特徴のスポットです。
また、池のから湧き上がる清水で煎れたお茶を振る舞う茶屋もすぐそばにあります。十二湖にて、池ごとに異なる青の色見や深さを堪能頂きつつ、締めには脇壺の池と煎茶で青森の自然を満喫してください。
また、最寄りの十二湖駅は日本海に面しており、日本海を眺めてぼーっと海辺で過ごすのもおすすめです。

サポーター
住んでいるからこそ知っている穴場をこっそり教えてください

弘前駅から車で20分ほどの「弘前市りんご公園」です。その名の通り、りんごの木々が植えられており、5月初旬頃には可愛らしいりんごの花が公園を彩ります。
りんご畑のバックには、弘前富士とも呼ばれる、岩木山も見る事ができ、快晴や夕暮れ時はインスタ映え抜群の美しい景色を眺められます。
さらに、公園内にはシードル工場kimoriがあったり、売店にはありとあらゆるりんごグッズ(お菓子、ジュース、お酒、雑貨など)が揃っているので、りんごのお土産選びにはうってつけの場所です。

道標
去年、誰とどこに旅行しましたか?

大学時代の友人とタイへ行きました。
タイ料理を愛してやまない、そして青森でタイ料理に枯渇していた私には最高の旅行でした。
寺院や水上市場・ナイトマーケットなど主要な観光スポットもまわりつつ、どこに行っても美味しいトムヤムクンやソムタムを食べられるタイ。3年に1回は行こうと決意しました。

カバン
休みの日は何をして過ごしてますか?

のんびりしたい日は、好きな音楽を流しながら、読書をしたり、家事をしたり、料理をしたり、日々の当たり前のことを丁寧に行い、のんびりと・・・。
アクティブな日は、早々に友人と出掛け、温泉に浸かったり、美味しいご飯とお酒を楽しんだり、映画を観たり。最近は弘前のこじんまりとした居酒屋やカフェを見つけるのが楽しみでもあります。

コーヒー
必ず旅に持って行くものはありますか?

手のひらサイズの旅行本です。ページを折ったり、マーキングをしたり、必要な部分だけ切り取ったりと、大胆に使って、街をどんどん散策していきます。
ただの旅行本も、使い込んで共に旅することで、旅が終わるころには、愛着がわく思い出の一つへと変化しています。

カメラ

記事一覧

記事はありません。